ホーム > 生理のお悩み > 生理痛の東洋医学的な考えについて

東洋医学的生理痛

東洋医学的な考え

肝タイプ

☑イライラ
☑怒りっぽい
☑周りの人に八つ当たりをする
☑乳房のハリ
☑下腹のハリ
☑便秘
☑のぼせ

肝の性質は春先の木の芽のように伸びやかです。その伸びやかな性質が邪魔されると体のいろんなところが張ってきたり、イライラしたりするのです。

脾タイプ

☑無気力
☑憂鬱
☑ボーッとする
☑眠い
☑むくみ
☑頭重感
☑下痢

脾は食べ物の消化吸収を行い、そのエキスを全身へ運ぶ働きをします。この働きがうまくいかなくなると体力がなくなって、疲れやすく、むくみがちになるのです。

心タイプ

☑情緒不安定
☑落ち着かない
☑ドキドキする
☑不眠

心は君主の官と言い、精神状態もこれがしっかりすることで落ち着きます。

  • 女性スタッフが対応

当院では女性スタッフが常在しております。
また、鍼灸治療は個室完備されておりますので
ご相談がありましたら、お気軽にお声かけください。

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ