ホーム > 不眠 睡眠の問題 > 睡眠の質を上げる方法

深部体温

睡眠の質をあげるには深部体温が重要?

深部体温とは?

深部体温とは、身体の内部の体温のことを言います。
環境温度に左右されにくい体の温度のことです。

深部体温と睡眠の関係

深部体温は日中は高く、夜は低いという1日周期の生体リズムをもっています。
そのため、深部体温が下がり始めると眠くなり、上がり始めると目が覚めやすいのです。
この下がりきらないといけな深部体温が下がらないと深い眠りが減少して夜中に
起きてしまう(中途覚醒)という状態になりやすくなります。

なぜ深部体温が下がると眠りが深くなるのでしょう?

日中は活動を支えるためにエネルギーをより使います。
そのエネルギーとなるのがブドウ糖などに燃料した熱なのです。
日中の活動期に深部体温が上がるのはこの熱がエネルギーとして生み出されているからです。
この日中に生み出された熱を取る生理的行動が睡眠なのです

赤ちゃんがわかりやすいヒント!

赤ちゃんが眠るときに手足が熱くなるのは深部体温を下げているためなのです。
本能的に手足から熱を放散して体温をコントロールしています。

特に体温を下げないといけないのが「脳」です。
脳は一日中働きっぱなしなので、その状態を続けてしまうと
脳はダメージをうけてしまいます。

深部体温を下げる方法は?

睡眠の前に1回、深部体温を上げてしまうこと!
1回あがり、その反動で下がる。
これが効率よく深部体温を下げる方法です。
人間の身体はのメカニズムは一旦上がるとそれを下げようとする働きが
あるのでそれを利用します。


1.寝る2時間前までの入浴

ぬるま湯(38℃~40℃)の湯船に10分~15分ぐらいゆっくり漬かります。
※時間はあくまでも目安です。

この入浴中から入浴後にかけて深部体温が上昇します。
時間だと個人差があるので、汗がジワジワと出てきたくらいがいいタイミングです。

あくまでもリラックスしておくことが重要です!

※注意
①熱いお風呂に入って深部体温を温める
これは交感神経を優位にしてしまいます。

②シャワーだけで済ます
シャワーだけだと芯まで温まらず深部体温は上がらずに終わってしまいます。

2.寝る前にお灸をする

寝るためには脳の温度を下げる事も必要です。

ですが、冷え性の人は手足がつめたくま温まりにくいので
深部体温をうまく下げれないため、なかなか寝付きにくくなります。
それと同時に頭をよく使う人は特に熱が上に上りやすくなります。
いわゆる「冷えのぼせの状態」がおきてしまいます。

その上ってしまっている熱を下げる、冷えを解消するために
お灸をするのです!

お灸をすることによって末梢への血流がよくなり寝付きやすくなります。

※音が出ます


              



新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ