ホーム > 不眠 睡眠の問題 > 寝ているのに眠たい

寝ているのに眠たい

夜もしっかり寝ているのに日中も眠たい、、、。

眠れないのとは違う起きていられない

現代では、十分な睡眠がとれない、布団に入ってもなかなか眠れない、熟睡できない
という「眠れない」という睡眠の問題を抱えている方が多いと思われがちですが、
最近では、十分な睡眠がとれているのに日中も眠たい、あるいは起きていられない
という悩みを抱えている人もおおくなってきています。

日中起きていられない、、、。

過眠症とは

過眠症は大きく3つのタイプにわけられます。

①ナルコレプシー
②特発性過眠症
③反復性過眠症

ナルコレプシー

ナルコレプシーとは
10歳代に多く発症し、日中の耐え難い眠気と居眠りが繰り返し生じます。

【症状】
日中の耐え難い眠気や、自分でも気づかないうちに眠りに落ちている
といったことがあります。
さらには、悪夢に襲われたり、金縛りにあうといった症状が起きます。
また、眠気を感じる前に眠りに落ちている、記憶や意識が途切れると感じることもあります。

【原因】
神経ペプチドの一種であるオレキシン(睡眠覚醒や摂食の調節)が関与していると言われています。

特発性過眠症

25歳前後に発症しやすく、心身の回復に必要な量以上に睡眠時間が長く、
睡眠から目覚めにくい。

【症状】
睡眠時間が10時間以上と長く、昼間の眠気と居眠りがある。
居眠りは1時間以上続き、目覚めはスッキリせず眠気がずっと続く。
目がはっきりと覚めるまでに20分以上かかる。
20分程度の短時間の仮眠はかえって眠気が強くなることが多い。

また自律神経症状を伴うことが多い。

【原因】
ノルエピネフリン、ヒスタミン系の障害との関係と言われている。
明確な原因は不明

反復性過眠症

初発は10歳代で発症し、男性に多い。

【症状】
強い眠気を感じる時期が3日~3週間続き、自然に回復し
まったく症状がなくなるが、また数カ月すると眠気が強くなる。
同時に過食やイライラしやすくなったりもします。

東洋医学的に考えると

嗜睡

元気がなくて昼夜問わずずっと眠たくなる事、
声をかけられたらすぐに目覚めるがまたすぐにうとうとと眠たくなってしまう
このような事を東洋医学では嗜睡(しすい)といいます。
嗜睡にはタイプが4つのタイプに分別できます。

① 湿因脾陽タイプ

【症状】

・体がだるくて眠い
・頭がしめつけられるように重い
・四肢がだるい
・食欲不振
・上腹部が張って苦しい
・口が粘る
・軟便
・足のむくみ


② 心脾両虚タイプ

【症状】

・倦怠感
・顔色に艶がない
・食欲不振
・水様便~泥状
・動悸
・息切れ
・月経不順



③ 腎陽虚タイプ

【症状】

・元気がない
・疲労倦怠感
・尿量が少ない
・むくみ
・腰が冷えて痛い
・膝から下が冷える


④ 腎精不足タイプ

【症状】

・けだるい
・頭がボーッとする
・思考力が鈍い
・物忘れが多い
・耳鳴り、聴力減退


鍼灸治療では

体や頭の血流量を増やすと同時に自律神経も同時に整えていくことによって
体のバランスがよくなります。

 


 

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ