ホーム > 更年期による体の変化

更年期による体の変化

更年期とは?

まずは
幼年期→少女期→思春期→性成熟期→更年期→老年期
と各ライフステージに区分することができます。

女性が閉経を迎えるおおよそ、45歳〜55歳の女性が更年期にあたります。
日本人女性の閉経年齢は平均49.5歳〜50.5歳です。

この時期に更年期症状と呼ばれる
精神的・肉体的・整形外科的疾患などの症状が現れやすくなります。
また、エストロゲンの低下が深く関与し、さらには
加齢に伴う身体的変化、家庭環境、心理的要因なども関係してきます。


更年期症状



全身症状
・ホットフラッシュ(のぼせ、顔がほてる)
・めまい
・ふらつき
・耳鳴り
・倦怠感
・頻尿、尿漏れ
・吐き気、食欲不振
・口渇(喉が乾く)
・抜け毛  など

運動器症状
・肩こり
・腰痛
・肩関節周囲炎(五十肩)
・手足のしびれ
・股関節痛  など


精神的症状
・イライラ
・抑うつ感
・不眠
・記憶力の低下  など





なぜ、更年期障害になるの?

女性ホルモンの分泌量の低下

40代半ばあたりから卵巣の機能低下がでてきます。
そのため、女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減っていきます。
プロゲステロンの分泌量はエストロゲンよりも急激に減少してきます。
この2つのホルモンのアンバランスによって月経不順や不正出血などが起こってしまいます。


さらには、急激な女性ホルモンの減少に対し、視床下部はあわててゴナドトロピン放出ホルモンを分泌します。
命令を受けた下垂体はゴナドトロピンを分泌し卵巣を刺激しますが、卵巣は対応することができません。
この状態を繰り返しすることで視床下部がパニック状態になります。
その結果視床下部は自律神経系も司る器官なので自律神経の働きを乱すこととなります。

そのため、ほてり、発汗、不眠などといった症状が現れます。

更年期以降の体の変化

コレステロール値の変化

エストロゲンは善玉コレステロールを増やし、コレステロールの量を調整して内臓脂肪を減らす働きがあります。
更年期になるとエストロゲンが減少していくので悪玉コレステロール値が上昇して、
内臓脂肪の増加や肥満などを引き起こしやすくなります。

さらに、コレステロールは性ホルモンの原料となります。
そのため、エストロゲンの分泌が減り、悪玉コレステロールが増え
血中のコレステロール値が増えていきます。

そのため、更年期以降になると脂質異常や、心疾患、脳血管疾患の病気が増えてきます。

骨粗鬆症


骨は皮膚と同じように毎日新陳代謝が行われています。
骨芽細胞によって骨が作られ、破骨細胞によって骨が壊されています。


女性ホルモンであるエストロゲンは、
・骨形成の維持
・破骨細胞の働きの抑制
・カルシウムの吸収を助ける
働きがあります。


更年期になると、骨の形成に関わるエストロゲンが減少してくるので、
骨代謝にダメージを与え、急激な骨量の減少を引き起こしてしまいます。
そのため、更年期以降になると骨粗鬆症になりやすくなってしまいます。


エストロゲンはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
そのためエストロゲンの分泌が減るとカルシウムの吸収が減ると
血中カルシウム濃度が減ってしまいます。
そうするとカルシウム濃度を一定に保つことができなくなるので
副甲状腺ホルモンが分泌され、骨からカルシウムを溶出してしまいます。
そのため骨からカルシウムが抜けやすくなるので骨量が減少してしまいます。



お肌の変化

エストロゲンがお肌にとって必要不可欠です。
その必要不可欠なエストロゲンが減少してしまうと、
コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞の働きが弱くなります。
そのため肌の老化による

・ハリ・弾力の低下によるシワやたるみ
・ホルモンバランスの変化によって肝斑
・新陳代謝の低下によるシミ

などといったお肌の変化が出てきます。

更年期、東洋医学的には

閉経(絶経)


約49歳で任脈・衝脈の機能が衰えてきて閉経を迎えます。

更年期障害

・加齢に伴う天癸の衰え。
 天癸:生殖機能の成熟を促す物質。
 ⇒陽を抑制できなくなり、気が衝き上げやすくなります。
  心の高ぶりによる、動悸・不整脈
  肝の高ぶりによる、頭痛・肩こり・イライラ

・腎の弱りによって脾胃に影響を及ぼす
 胃の降濁作用ができなくなるため、嘔吐やゲップなどが出やすくなります。
 脾の運化失調による、下痢・便秘・肥満などが起こってきます。




更年期以降に必要な栄養素

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンにはエストロゲンに似た働きがあると言われています。

大豆に含まれるイソフラボンは、腸内で「アグリコン」という形に分解され、体内へ吸収されます。
この「イソフラボンアグリコン」が、エストロゲンの代わりに働いてくれます。
そのため、体脂肪率やコレステロールの減少にも役立つものとなります。

また、カルシウムも含まれているため、骨粗鬆症予防や、筋収縮や神経伝達の働きを正常にしてくれる作用があります。


大豆1日あたり40~50mgの摂取が理想とされています。

・納豆1パック(50g)…<約36.8mg>
・豆腐1/2丁(110g)…<約22.3mg>
・豆乳コップ1杯(200ml)…<約49.6mg>
・油揚げ1/2枚(75g)…<約29.4mg>


カルシウムは1日あたり1000mgの摂取が理想です。

・厚揚げ(100g)…<約240mg>
・スライスチーズ2枚(36g)…<約200mg>
・小松菜3分の1束(100g)…<約200mg>
・もめん豆腐半丁(150g)…<約180mg>
・納豆1パック(50g)…<約45mg>
・豆乳1パック(200ml)…<約30mg>

治療の流れ

STEP①

STEP①しっかりとお悩みや生活習慣をお聞きします
東洋医学ではこの問診が非常に重要になります。日常生活や食べ物の好き嫌いなどから判断していきます。

STEP③

STEP②検査
東洋医学独特の検査法であなたの体の本質的な部分や今の症状がどこの問題かを見分けていきます。
脈診(脈の状態をチェック)
舌診(舌の状態をチェック)
腹診(お腹の状態でチェック)
このほか皮膚の触った感じなどからも判断いたします。

STEP②

STEP③施術
問診、検査から仮説を立て(証だて)改善させるための施術をしていきます。
鍼は痛みはほとんどありません。
しっかりと説明しながら施術していきますので初めての方もご安心ください。

STEP4

STEP④再検査及び説明
施術の結果を検査して、今のお身体の状態、今後の方針などをわかりやすく丁寧にご説明いたします。
質問や不安な点は何でもご相談ください。


施術費用について

箕面 鍼灸 料金
自律神経,大阪,鍼灸


 

安心の初回返金保証 (期間限定)

返金

まずは施術をうけてみてください!


もしも料金だけが理由で安価な他の治療院やマッサージ店に行こうかと考えておられるかたがおられましたら残念でなりません。
私たちは本当にいい施術を適切な料金で受けていただきたいのです。

そんな方のために今回、初回限定で費用の返金保証をもうけました。

もし施術をうけられて満足いただけなかった場合は翌日までにお電話いただければ全額返金させていただきます。


注意:私たちはできる限り短い期間で症状を回復させるよう努めることはお約束いたしますが、体にはそれぞれの治癒力がありますので効果の出るまでの時間は個人差があります。

関連記事

 
 

新着情報

一覧を見る

2017/08/12

木・祝は通常通りお休みをいただいておりますが、
お盆期間中通常営業です。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ