ホーム > 初めての方へ > 気血水について

気・血・水とは

東洋医学には「気・血・水」という考えがあります

東洋医学では「気・血・水」というものがありこれらのバランスが崩れると体に不調をきたすと考えます。
その「気・血・水」について少しご案内いたします。
 

気の種類

・元気(げんき)
 両親から受け継いだ精から生まれ変わったもので全身の内外、いたるところへ行きわたり、
 生命活動の原動力であります。出生後は食べ物の消化吸収によって補充されます。
・宗気(そうき)
 呼吸から得られた酸素と消化吸収されたエキスが合わさって、心肺機能を円滑にします。
・営気(えいき)
 脾胃で作られたエキスで血と共に循環し、全身に栄養を運びます。
・衛気(えき)
 脾胃から作られたエキスが元である。
 衛気には、皮膚表面を保護するバリア機能、汗腺を閉開して体温調節をする機能、内臓を温める機能、
 肌や毛をつややかにする機能があります。

気の作用

・推動作用
 体の成長、発育、各臓器、経絡の働き、血、水の循環を促します。
・温煦作用
 体の内外を温めます。
・防御作用
 肌を保護し、外からの邪気の侵入を防ぎます。
 また、すでに体内に侵入した場合はその邪気と闘って外へ追い出します。
・固摂作用
 血液が血管から漏れることや汗や尿の排泄、精液の漏れを防ぎます。
・気化作用
 精は気に変わり、気は血に変わる有様。
 臓器の働きにより、気、血、水に変わる有様のことをいいます。

血の生成

脾で消化吸収されたエキスが水分と共に血管内に入り、血液となります。
営気は水分を血液に変え、精と血は互いに転化しあう関係にあります。

血の作用

血は全身を巡り、全身の組織、器官に栄養分を供給し、滋潤するように働きます。
また血は精神活動にも関与します。

血の循環

血の循環は内臓の共同作業によって正常に保たれます。
全身をめぐる血管は、すべて肺に集まり、肺からの酸素をもらって再び全身へ散布されます。
血の循環は、心、肺、肝、脾と関連して行われます。

水の生成

食べ物は脾によって消化吸収され、エキスと水となります。

水の作用

水には滋潤、滋養作用があります。
体表では皮膚、体内では臓器を潤します。
また、関節の動きを滑らかにし、骨髄と脳髄を栄養します。
水は血液の成分でもあるので、血の濃度も調節します。

水の体内での巡りと排泄

水は、三焦を通路とし、脾と肺によって調節され、運ばれ、皮膚から汗となって排泄されます。
また、三焦の水道を通って膀胱に降りてきた水は膀胱と腎の気化作用によって尿となって排泄されます。
さらに、気を動かす肝臓と血を動かす心も水の代謝に関与します。

気血水の相互関係

①気と血の関係

・気は血を生ずる
 血の基礎物質は精(肺、脾、腎の気によって作られる)であり、
   精が血に転化するためには、気が必要で、気の不足が続くと血の不足を招きます。
・気は血を巡らす
 血は、心と肺の推動作用と肝の疏泄作用に助けられながら循環するので、気の不足や気の滞りは血行不良となり、
   瘀血へと進行します。
・気は血を摂する
 血が血管から漏れることなく正常に流れる状態に保ちます。気が不足すると出血症状が出るようになります。
・血は気の母
 気は血を循環させる動力であるが、逆に血は気に栄養を与えていることで、気の機能を持続させます。
 大量出血、大量発汗は、気の消耗につながります。このように気、血、水は別れて存在することはできないのです。

②気と水の関係

水は食べ物を消化吸収する脾胃の気によって生成され、気によってコントロールされます。

・水には載気作用(水に気を乗せて働く)がある
 気は水に従属しているので、大量発汗、嘔吐、下痢で、水の損傷だけではなく気の損傷にもつながります。
 この作用によって玉のような汗をかくと気も消耗してしまうのでバテやすくなったり、夏バテしてしまいます。
・水の巡り、排泄を助ける
 これは、気の気化作用、推動作用によるものです。
・水が停れば気も滞る
 水の停留は気の流通を妨げる原因になります。

③水と血の関係

血も水ももともと液体であり、ともに栄養・滋潤が主な作用になります。
また水は血の重要な一成分でもあります。
出血が多いと水も損傷し、脱水が多いと血も乾き粘ってしまいます。

気血水の病気

①気の病気

 気の機能失調

・気虚
 気の不足による元気の消耗、内臓機能の低下、抵抗力の低下のことをいいます
 原因:先天の元気の不足、栄養不足、大病や慢性疾患、老化、過労。
 症状:精神衰弱、倦怠感、少量しか食事がとれない、息切れ、自汗、顔色が白い、
    風邪をひきやすい、舌の色淡、脈は虚。

・気陥
 気虚によって上昇作用の低下。上昇作用を持つ脾が弱ることでも起こります。
 原因:気虚の原因に加え、長期にわたる下痢、出産の過多、産後の養生が悪い。
 症状:気虚の症状に腰、腹部が膨満して重い、頻繁に便意をもよおす、下痢が止まらない、
    胃下垂、腎下垂、脱肛、子宮脱など内臓下垂が起こります。


 気の運化の失調

・気滞
 気のうっ滞であり、気の巡りが悪くなっておこります
 原因:冷えなどの外邪、精神的ストレス、偏食、捻挫や打撲による外傷、過労、
      痰飲や瘀血による経絡の渋滞
 症状:脹満感をともなった疼痛、遊走性の痛み、痛みの増減という特性があります。

・気逆
  
気の昇降作用が失調して内臓の気が上逆するためにおこります
 原因:外邪、精神的ストレス、飲食の不摂生、
 気逆がよく見られる臓器は、肺、肝、胃
 肺気の上逆:咳、喘息
 肝気の上逆:イライラ、怒りやすい、頭痛、めまい、昏睡
 胃気の上逆:嘔吐、胸やけ、ゲップ
 などといった症状で現れます。


・気閉と気脱
 気閉:湿邪の滞りや気の滞りがひどくなって昏睡状態になることをいいます。
 気脱:長期の病で気が外へ漏れ出す、あるいは、大量の出血や発汗により、正気が漏れ出す状態をいいます。
 気脱の症状:めまい、昏倒、呼吸の微弱、顔面蒼白、ひどい四肢の冷え、玉のような汗が出る




 

②血の病気

・血虚
 血の不足や血の滋養作用の低下のことをいいます
 原因:栄養失調、脾胃の虚弱による生成障害による血の不足と思慮過多、過労や慢性病、出血による血の消耗。
 症状:めまいや目のくらみ、目のかすみ、顔面蒼白
    心身ともに疲労し力がない、物忘れ、失眠、不整脈
    爪の色が淡くなったり、変形したりする。目の乾き、視力低下
    月経が遅れる、生理血が少なく色も薄い、月経困難
    筋肉の引きつり、手足の麻痺やしびれ、関節の障害など

・血熱
 血分中に熱が鬱積し、血行が加速する状態。
 原因:湿熱の邪、精神的抑うつ、辛い味、濃い味のとりすぎ。
 症状:発熱、口の乾き、口が苦い、便秘
    出血、鼻血、歯茎の出血、喀血、吐血、血便、血尿、皮下出血、
    月経の周期が早い、月経量の過多
    昼頃の微熱、体の熱さ、口の乾き、寝汗など

・瘀血
 血行が緩慢になったり、停滞することをいいます
 原因:冷えによる停滞と熱による血液の粘り、外傷、痰飲による経脈の停滞、
      気虚による推動作用の低下、気滞による血行障害。
 症状:瘀血部位の疼痛。その痛みは移動せず、ひどい場合は塊を形成する。
    さらに瘀血状態が長引くと顔色が黒くあせ、皮膚がかさつき、唇や舌が暗紫色になります。


③水の病気

・水の不足
 原因:栄養不足、偏食、脾の運化機能低下による水の生成不足、燥熱の邪、久病、
    過労、臓腑の熱、発汗過多、排尿過多による水の消耗にある。
 症状:鼻、喉、口、唇の乾燥、声がかれて出ない、髪に艶がない、目のくぼみ、
    皮膚に張りがない、心中煩燥、口渇、尿量減少、便秘に現れる。

                           
・水の代謝障害
 水の代謝に関わる臓器の機能失調が原因である。その他、外邪、ストレス、偏食、久病、過労があります。
 水の輸送は、肺、脾、肝、腎、三焦の臓器が協調して行っていて、
 そのうちどれかの機能失調が起こっても、またはお互いの協調関係が失調しても水の停滞や痰飲の形成がされます。
 水は、汗、尿、糞によって体外へ排泄される。
 汗の排泄には肺、尿の排泄には三焦、腎、膀胱糞の排泄には小腸、大腸が関与します





 

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ