ホーム > 胃腸の不調

胃腸の不調

消化器の働きについて

口から入れた飲食物は、口の中で咀嚼され、食道を通り胃に達します。

胃の中で何時間も腐熟された(胃酸により、吸収されやすいようになった)飲食物は、
小腸に運ばれ、体にとって必要な栄養素はどんどん吸収されます。

栄養素が吸収された飲食物のカスは大腸に運ばれ、
必要な水分は吸収され、カスのみが便として体外へ排出されます。


このように消化は、口から入った飲食物を胃→小腸→大腸を経て便として出すという、
つまり、上から入れて下へと出すという流れがあるのです。
 
この働きに支障をきたすと

☑口内炎、口唇炎、舌炎
☑口臭、口渇
☑味覚異常
☑ゲッブやしゃっくり
☑吐き気、嘔吐
☑胸焼け
☑胃もたれ感
☑胃部痛、膨満感
☑胃下垂
☑便秘や下痢
☑食欲不振
☑顔色が悪い
☑体がだるい、重い

気を付ける点

① 食事の際は口を潤す程度の水分補給が必要。
② 体が弱っている時は、いつもより食べる量を少なめにして、消化の良いものを取る。
③ 冷たいものの食べ過ぎは、消化を妨げ、巡りが悪くなるため、温かいものを食べるようにする。
④ 外からの冷え、体の冷えは、消化を妨げ、下痢を誘発するため、体を冷やさないようにする。
⑤ 体の気の巡りが弱く、水分補給が少ないと便秘になりやすいので、水分はこまめに摂る。
⑥ 脂っこいもの、辛いもの、味の濃いものの摂りすぎ、過度の飲酒は、口渇、胸やけ、食欲亢進につながり、
    ひいては、糖尿病にまでなるので、淡白な食事と程よい飲酒を心がける。
⑦ 食べ過ぎ、食べものの偏りは、体によくないので、バランスよく食べるよう心がける。

セルフケア

ストレス解消方法

1.運動をしましょう
身体的活動を十分に行いましょう。基本的にはなるべく全身運動にはなるべく全身運動で、軽く汗をかく程度の有酸素運動がおススメです。

2.休息をとりましょう
ゆっくりお風呂に入り、好きな音楽を聴いて、リラックスできる環境を作りましょう。

3.気分転換してみましょう
旅行にいってみたり、部屋の模様替えをしたりするのはどうでしょうか?

4.友人や家族との時間を作りましょう
友人と食事やスポーツをしてみたり、家族とのんびりするのもいいです。

その他にも、快楽を追究することでストレス解消できますが、この方法の多くは一時的なものが多く繰り返すとエスカレートするので注意が必要です。


バランスの良い食材

健康的でバランスの良い「まごわやさしい」食材を意識的に摂りましょう。



ま…納豆や豆腐、枝豆などの豆類

ご…胡麻やナッツなどの種子類わ…ワカメやヒジキなどの海草類や…野菜類

さ…魚やタコ、あさりなどの魚介類

し…しいたけ、しめじ、えのきなどのキノコ類

い…ジャガイモや里芋、サツマイモなどの芋類





治療の流れ

STEP①

STEP①しっかりとお悩みや生活習慣をお聞きします
東洋医学ではこの問診が非常に重要になります。日常生活や食べ物の好き嫌いなどから判断していきます。

STEP③

STEP②検査
東洋医学独特の検査法であなたの体の本質的な部分や今の症状がどこの問題かを見分けていきます。
脈診(脈の状態をチェック)
舌診(舌の状態をチェック)
腹診(お腹の状態でチェック)
このほか皮膚の触った感じなどからも判断いたします。

STEP②

STEP③施術
問診、検査から仮説を立て(証だて)改善させるための施術をしていきます。
鍼は痛みはほとんどありません。
しっかりと説明しながら施術していきますので初めての方もご安心ください。

STEP4

STEP④再検査及び説明
施術の結果を検査して、今のお身体の状態、今後の方針などをわかりやすく丁寧にご説明いたします。
質問や不安な点は何でもご相談ください。


  • 女性スタッフが対応

当院では女性スタッフが常在しております。
また、鍼灸治療は個室完備されておりますので
ご相談がありましたら、お気軽にお声かけください。

施術費用について


自律神経,大阪,鍼灸


 

安心の返金保障

 

関連記事

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ