症例紹介

2019年10月20日 日曜日

【症例】めまいでのフワフワ感や耳の閉塞感が鍼灸で緩和

今回のケースは立ちくらみ(フワフワ感)や耳の閉塞感に対しての鍼灸施術を行った症例です。このような症状の原因は

冷えのぼせや体の血が足りなく、その結果血の動きがなかったことで滞り出ていたと考えられます。



利用者



女性 30代 池田市在住



主症状



立ちくらみ

耳の閉塞感



その他の症状



肩凝り



過去に受けていた施術



マッサージ



主な施術ポイント



冷えのぼせに対してのアプローチ。

血を補う。



施術の経過と内容



1回目

肩から〜鎖骨周りの筋緊張を取るための鍼施術。

後頭部の筋緊張を取るための鍼施術。

のぼせを良くするため、全身の血の巡りに対して背中、足に鍼灸施術。



2回目

2週間後

1週間はあまり症状を気にすることなく過ごせた。

しかし、2週間目から

・頚に血が巡っていない感じ

・耳の閉塞感

・下肢の鈍痛などの症状が出てきた。



前回と同じ施術方針で進めるが、鍼灸施術する経穴(ツボ)変えながらアプローチ。



3回目

1週間後

1週間楽に過ごせた。

しかし、2週目からはどうなのかが不安。



前回と同じ施術方針に加え、自律神経に対してのアプローチと胃腸の調子をあげるようにアプローチ。



4回目

1週間後

めまいでのフワフワ感は全くなく過ごせた。

しかし、耳の閉塞感や耳鳴り、鎖骨周りの凝りは少し感じられたとのこと。



前回と同じ施術方針で進める。



5回目

2週間後

1週目と少しはかなり楽に。

来られる3日前から少し頭痛が出てきた。



前回までの施術と

血の流れと血をしっかり体内で作れるように鍼灸施術。



6回目

2週間後

2週間全くなかったというわけではないが

ほぼ気にならず過ごせた。



前回と同じ施術方針で進める。



7回目

2週間後

前回と同じく楽に過ごせた。



施術方針は変えずアプローチ。



8回目

2週間後

ほぼ気にならなかったとのこと。



前回と同じ施術方針で進める。



次回は3週間〜4週間あける。

その間に飛行機での旅行がある。

今まで症状が出てきて乗ることを躊躇していたので、ワクワクと不安とのこと。



9回目

1ヶ月後

飛行機も問題なく、旅行先でも症状が出ることなく過ごせた。



これからはさらに症状が出ないように施術を行いながら、期間もあけていく方針。



考察



今回のケース結論からいうと

「冷えのぼせ」

「体内の血が足りないこと」

それによって「血の動きが悪かったこと」が大きな原因と考えられました。



施術を行うっていく過程で

2回目来られた際が特にわかりやすく、

①頚に血が巡っていない感じ

②耳の閉塞感

③下肢の鈍痛などの症状が出てきた。

と問診で教えてくれました。



上記の

①、②、③どれも冷えのぼせの症状でもあり、

①、③に加え「1週間は楽に過ごせたということは施術での変化が出ており、それからは持続性が保てないことから」

血の動きが悪いことで起きている事が予想できます。



施術では

冷えのぼせを取るように頭や足にかけて鍼灸施術。

血の動きを出すように経穴(ツボ)刺激したり、

胃腸の状態をあげることで滞りなく流れる環境を作ること。

自律神経のバランス良くするように経穴(ツボ)を刺激した結果かなり緩和されていきました。



(個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません)


投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2019/11/11

12/30(月)~2020/1/4(土) 休み

2019/11/11

11月23(祝)営業 11月24日(日)休み

2019/08/12

9月16日(月)営業 前日9月15日(日)休み
9月23日(月)営業 前日9月22日(日)休み

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ