症例紹介

2017年6月28日 水曜日

寝起きが悪く、食後の眠気

・患者  
男性 Y.T  30代

・主症状 
寝起きが悪い、日中の眠気

・その他の症状 
癲癇


・過去に受けていた施術 
鍼灸

・主な施術ポイント 
湿熱の除去


・施術の経過と内容 
半年以上前から寝起きが悪く、昼食後眠気がある
時には、胃痛や胃もたれやお腹がチャポチャポ言う。



 【1回目】
肩・首のコリ、目の疲れ、体の疲れも強くある。
夜は30分程で入眠できる。
昼食後の眠気が強い。

2ヶ月前にアルコール摂取した後、お腹を壊して
夜中に軽度の癲癇発作

舌:力を入れないと出すことができない。
  舌先紅

治療穴:胃兪、上巨虚、百会



【2回目】
治療後、肩首のコリはマシになった。
食後の眠気、カフェイン取ると少しマシだが、
胃痛や胃もたれ、お腹がポチャポチャ言う。

舌:舌先紅、舌中苔

治療穴:百会、足三里、脾兪


【3回目】
仕事が忙しくて、寝不足。朝起きるのがしんどい。
食後の眠気(+)力が入りにくい、背伸びをしたくなる。

夕食の時間が21〜22時になると、夜寝つく前に胸がドキドキする。


治療穴:足三里、照海、胃兪、腎兪





・考察
ストレスがたまるとチョコレートなど甘いものが欲しくなる。
夕食の時間も遅くなると寝ている間も胃腸に負担をかけてしまうため
疲れが取れなくなり、朝起きる時にスッキリ感が出ないのでしょう。
さらには湿熱があるため、気血のめぐりが悪くなり、昼食後の眠気、
肩首のコリが出現する。

まずは、昼食と夕食までの間の時間はできるだけお菓子やパンを
避け、よく噛んで食べるようにと指導。

まず湿熱の除去には日頃の食事にも気をつけてもらうのが症状改善の近道となります。


投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

2017年6月28日 水曜日

食後・22時〜23時にかけての腹痛

・患者 
女性 N.Y  30代

・主症状 
腹痛、腰痛

・その他の症状 


・過去に受けていた施術 
鍼灸、マッサージ

・主な施術ポイント 
脾胃の強化



・施術の経過と内容 

去年の夏頃から脂汗が出て意識が遠のくような腹痛が1週間に2回も起きた。
そこから同じ時間帯には必ず腹痛や腹部の不快感が出る。
朝は基本的には調子が良く、昼食・夕食後にはぐるぐるとお腹が鳴って気持ち悪い。
元々、便秘傾向。

 【1回目】
脈:脾の弱り
舌:舌中に裂紋、舌辺紅、全体的な色は紅
体を触ると全体的に張りがあり気滞傾向。
顔色は色艶があまりない。体型も細身。
2人目出産後から腰痛。
まずは、健脾にするように整える。

治療穴:足三里、太渓、脾兪



【2回目】
治療後の22時〜23時の腹痛はなく、トイレにこもることもなかった。
昼食後の気持ち悪さはないが、夕食後はあった。

脈は来院時は全体的に弱、右関上の脈虚


治療穴:三陰交、脾兪、隔兪


【3回目】
前回治療してから三日後に胃腸炎になった。
そこから37度の微熱が続くが日常生活は過ごせる。
体は熱っぽくて、だるい、汗は出る。
便は柔らかめだが、2日に一回。
胃の気持ち悪さが続く。

治療穴:足三里、胃兪


【4回目】
胃の気持ち悪さは3日間ほど続いたが、食欲はある。
22時〜23時の腹痛もなく、子供を寝かしつけの時に自分も一緒に寝てしまうとの事。
お腹が痛くなるんじゃないかという不安感もない。

治療穴:足三里、脾兪






・考察
脈でも、舌の状態でも脾胃の弱りがある。
そのため運化ができなく、腸の働きも悪くなり気持ち悪さ、腹痛として出てしまう
さらには、エネルギー不足になると腰痛が出てくる。同時に夕方になるとしんどくなってくる。
まずは脾胃の状態を安定させると、腎精も補ってくるので腰痛も軽減していくでしょう。


投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

新着情報

一覧を見る

2019/07/13

7月14日(日)休み
7月15日(月・祝)通常通り営業
8月10日(土)通常通り営業
8月11日(日)休み
8月12日(月)通常通り営業
8月13日(火)通常通り営業
8月14(水)休み

※定休:木曜日

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ