スタッフブログ

2017年7月19日 水曜日

夏に不足しやすい栄養素は、たんぱく質と○○


最近、話題になっている新型栄養失調のことをご存知ですか?

カロリーは足りているのに、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどの特定の栄養素が不足することで引き起こされる栄養失調が近年増えてきています。

特にたんぱく質不足による筋力低下の問題は、ロコモとともにテレビでよく耳にするようになりました。

そして、これは高齢者に限っての問題ではなく、若者にも増加傾向にあります。

学校では子どもたちの体力・運動の能力の低下が見られ、「運動器検診」というのが実施されるようになりました。




そして、たんぱく質の他にもこの夏に不足しやすい栄養素があります。

その栄養素が不足すると

○不眠
○イライラ
○キレやすい
○疲れやすい
○集中力低下
○うつ
○無表情
○口内炎
○しびれ
○貧血

といった症状がでます。

そう、不足している栄養素はビタミンB群です。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチン、ナイアシン、葉酸はお互いに複合的に関わり合っているため、ビタミンB群として摂取しなければなりません。

その働きは、

○エネルギーの産生

○脳神経伝達物質の材料

○活性酸素の除去

○鉄欠乏性貧血の改善

とし、心身の疲労回復に必要な栄養素であることがわかります。




ビタミンB群は、豚肉を筆頭に牛や鳥の肉やレバー、魚、豆、緑黄色野菜に含まれています。

これから、どんどん暑くなってきますが、夏の間、肉類を摂らず、のどごしのいい麺類ばかりを摂っていると、秋頃に夏バテでぐったりしてしまいますよ〜。

しっかり肉類を摂取しても消耗が激しいとビタミンB群は欠乏します。

では、ビタミンB群を消耗する要因を見てみましょう。

偏った食生活    
→炭水化物のみの食事、       
Bキラー食品(コンビニ食、インスタント)

加齢   
→ビタミンBの貯蓄の低下

妊娠、授乳   
→赤ちゃんに優先的に譲渡

ストレス   
→抗酸化作用に加わることで消耗

頭をよく使う  
→受験など
頭をよく使った翌日にはビタミンB1の尿中排出が増加するというデータがある

胃弱   
→ビタミンB群が豊富な肉類が消化できない

抗生物質の長期投与   
→ビタミンB群のうち、パントテン酸、ビオチン、ナイアシン、葉酸は腸内細菌からも作られるのだが、抗生物質によって腸内環境が崩れると生産量が減る

特定の薬と飲酒   
→特にピル、抗がん剤   
ビタミンBは、肝臓で栄養代謝と解毒に関わるため、肝臓をいじめる薬全般はビタミンB群を消耗する。
肝臓をいじめる飲酒も同じ

疾患   
→糖尿病、甲状腺機能亢進症

当院には、お子様連れの方も多くいらっしゃるので、赤ちゃんにビタミンB群が不足すると、

夜泣きをする
寝つきが悪い
機嫌が悪い
よくギャンギャン泣く

といった傾向が多く見られ、慢性的にビタミンB群不足が続くと脳神経伝達物質が十分に作れず、無表情、無感動、発達の遅れといったことにもつながっていきますし、痙攣も起こしやすくなります。

妊娠中、つわりがひどくてバランスの良い食事がとれなかった、赤ちゃんが泣くからゆっくり食べられず、とりあえずお腹を満たす炭水化物の摂取が多いといった方は、母体も赤ちゃんもビタミンB群が不足しているかもしれません。

暑い夏を乗り切って、子育てを満喫するためにも、産後太りを改善するためにも、赤ちゃんの将来のためにも、ビタミンB群をしっかり摂取するようにしてください。
このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

2017年5月10日 水曜日

春になると体調を崩すわけがわかる、東洋医学の話



GWを前後に、治療の際、脈を診ているとトロンとした緩慢な脈をした方が数名いました。

この脈に触れながら、「春眠 暁を覚えず」という漢詩の一句がよぎりました。(笑)

春先の寒暖の激しい時期が終わり、夏がもうすぐそこまで来ている今だからこそみられる現象で、体は夏を迎える準備をしながら、少し休みも欲している状態です。


もう少し、春と内臓の話をしていきますと、もっと体のことがわかってくると思うので、東洋医学でみる春の体の話です。


春と密接な関わりを持つ臓器は、肝です。(ここで言う肝は、西洋医学でみる肝臓の働きとともに東洋医学でみる肝の働きも含まれますので、肝臓と言わず、肝とします。)


肝は、体の「将軍の官」と言われ、身体の活動を円滑におこなわせたり、休ませたり、また身体の防衛にも関わっています。

肝は、血を蔵し、筋肉の動きを支配します。肝の状態は、爪に現れ、目に現れます。

上記を西洋医学で言い表すと、肝は自律神経の調整、免疫力に関わり、血とも深い関わりがあることがわかります。


では、この肝と春との関係をみていきますと、


まず、春先は三寒四温と言う天気用語からもわかるように、高気圧と低気圧が日本列島を行ったり来たりの状態。

冬の西高東低のように気圧配置が固定されることなくコロコロ変わっていきます。

すると身体は高気圧の影響を受けたり、低気圧の影響を受けたりと忙しい状態。

この時身体は、高気圧のもとでは引き締まって活動的になりますが、低気圧になると膨張し、酸欠状態。また、最悪なことに血中ヒスタミンも増え花粉症症状がでたり、アトピーがひどくなったり...(-.-)y-., o O


そして、この気圧の変動とともに免疫細胞も増えたり、減ったり。

高気圧のもとで免疫細胞は、顆粒球が増えてきます。そして、低気圧のもとでは、リンパ球が増えていきます。


顆粒球が増えると、活性酸素が増え、炎症化、癌化しやすくなります。外科医によると虫垂炎、いわゆる盲腸が破裂するのは、雨の次の晴天の日が多いのだそうです。

リンパ球が増えるとアレルギー体質になりやすくなります。



次に、肝といえば、血。


そして血と掛け離れて考えられないのが女性の身体です。
生理、妊娠、出産などで血は多いに関わりますよね。この女性の身体の仕組みをコントロールするのが、女性ホルモン。

実は、この女性ホルモンを調節する所と自律神経を調節する所は脳の視床下部という場所で隣り合わせなのだそうです。

なので、女性ホルモンの調節と自律神経の調節は、互いに影響され合います。



つまり、自律神経と免疫力は気圧に影響され、女性ホルモンと自律神経は互いに影響され、

自律神経、女性ホルモン、免疫力、この3つはトライアングルで関係しあうのです。


このように春先は寒暖の差、気圧の変動が激しく、自律神経を調節する肝はフル稼働。また免疫も気圧の影響で顆粒球モードになったり、リンパ球モードになったりするので、身体の抵抗力も低下します。すると女性ホルモンの調節にも不具合が出たりと、何かと肝に対し仕事の多い時期だったのです。

なので、この時期に脈が緩慢になっているのは、春先の疲れを癒し、夏に向けて身体が変化し始めた証拠。

なるべく腹8分目を心がけ、おでかけも程々にし、春先の大変動を乗り越えた身体を労わってください。


このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

2017年3月31日 金曜日

心も体も環境も変化する時期。それが春です。

こんんちは、明日から4月ですね(#^.^#)
新生活が始まる人もいてるんではないでしょうか?

それと同時に体にも様々な症状が現れてきます。

春といえば出会いと別れの季節
人間関係の変化
新芽が咲く時期

などといろいろと体も環境も変化がある季節です。
そして身も心も整理整頓したくなる時期ではありませんか?

だからこそ春に花粉症や体のけだるさ、春特有の眠気
などといった症状が現れます。



新しい生活に向けて考え事が増えると思います。
そうすると脳はいっぱいいっぱいになってシャットダウン
してしまうんです。それが眠気です。
夜寝ても脳がリセットできていなければ朝眠たい。

このようなことがあれば、
・睡眠時間を増やす
・昼寝をする
・瞑想など何も考えない時間をつくる

などといって脳を休息させてあげましょう。


さらに春は新陳代謝がよくなるので、
冬の間体の中にたまっていた老廃物などが
発散する時期でもあります。

東洋医学では「肝」の時期
肝は全身の気の流れのコントロールをし、精神の安定
さらには、血の調節機能を担っています。

肝は「のびのびとした状態」を好むので
ストレスや疲労がたまってしまうと
肝の機能が低下し、
・イライラ
・消化不良
・不眠
・精神の不安定

などといった症状が現れます。


そうならないためにも
・汗をかく
・涙を流す
・睡眠をとる
・食生活を見直す

あと重要なのは自分に合ったストレスの発散をする!

とにかく肝の疎通を促すためには「発散」すること!
体に老廃物、必要のない感情をためないことが重要です。

心も体も生き生きとしていれば肝がのびやかに働き
不調もなく過ごすことができます。





私は休みの日に運動をして汗を流しストレス発散をしています!
たまに思いっきり泣くのもいいかもしれませんね(*^_^*)







このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

2017年3月27日 月曜日

あなたの生理はどんな状態?





こんにちは!もう3月も終わり4月になりますね!
季節が変わると体調も変化しやすいです。

自分体調の変化にも気付きにくい人もいます。
でも気づく方法もあるんです。


まずは、毎日排出される「尿や便
色や形だけでも体の変化を感じ取れます。
私たちの治療方針を決める判断でも尿や便の状態を聞きます。
あと、女性は生理の状態もかなり重要です!!



まず自分の目でもわかりやすい「色」
月経量が多い2日〜3日目の色を判断基準とします。
正常な経血の色は赤よりも少し濃い色です。



☑︎どす黒い色
冷房の効いた部屋に長時間いたり、冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎで
血液の巡りが悪くなっている状態。

・月経量が少ない
・ネバっとした血が出る
・基礎体温が低い

※アイスクリーム、氷の入った飲み物、生野菜、白砂糖などの摂りすぎには注意!
玉ねぎ、にんにく、さんまやイワシ、黒きくらげ、ほうじ茶などの
血の巡りを良くする食べ物飲み物を摂取しましょう!




☑︎暗紅色
ストレスや、精神的な乱れによって気血の巡りが悪くなっている状態
気の巡りが悪くなることによって血行不良の原因にもなります。

・イライラしやすい
・お腹が張る
・ガスが溜まりやすい
・生理前の胸の張り
・肩こりがひどい

※暴飲暴食に注意!
柑橘類、パセリ、セロリなどのあっさりしたもの
あさりやシジミ、イカやタコなどの肝に滋養を与えるものを摂取しましょう!


☑︎真っ赤な色
甘い物や辛いもの脂っこいものの取りすぎ、精神的な乱れによって
体に発散できていない熱溜まっている状態。

・のぼせ
・不正出血
・口の渇き

※体の熱を冷ます作用の食べ物を摂取しましょう!
きゅうり、トマト、バナナ、緑茶、ジャスミン茶など
アイスや冷たい飲み物がいいというわけではありません!




☑︎薄ピンク色
体に必要なエネルギーが不足している状態。

・胃腸が弱い
・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・体が常にしんどい

※うなぎや鶏肉、牛肉、エビ、山芋類や豆類、栗など気を補う食べ物を摂取しましょう!


このように体の状態や食べ物によって生理の色も変化してきます。
この状態が生理痛を引き起こす原因の一つでもあるので毎月生理の時は
自分の月経量や色、質の変化を見ててくださいね!








このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

2017年3月 4日 土曜日

最近いつ笑いましたか?






こんにちは!突然ですが、最近いつ笑いましたか?
笑い疲れる」って言いながらも体はスッキリしている事ってありませんか?

"笑い"が心や体、脳にも効果がある事が医学的にも実証されつつあります。


◇脳が活性化

笑う事によって脳波のα波が増え脳がリラックします。
適度なβ波が出ると人間の脳波やる気が出て活性化します。

また思考を司る大脳新皮質に流れる血液量が増加するため
脳の働きが活発になります。

笑った後は、α波もβ波も同時に増えるそうです。
笑うと脳が元気になり、ストレスも緩和されます。

さらには思考力も増えるので認知症予防衣もなります。


◇免疫力がアップ

人間は1日約3000〜5000個の
ガン細胞が発生しています。

ガン細胞を死滅させるためには
体を温める、免疫力をアップすることが必要です。

その一つ免疫力をアップするためにも"笑い"が効果あると実証されています。

ガン細胞やウイルスや細菌をやっつける
ナチュラルキラー細胞(NK細胞)が活性化するんです!

笑うと前頭葉に興奮が起きて、免疫をコントロールする間脳に伝達され、
情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生成されます。


"笑い"の情報は善玉ペプチドとして血液やリンパ液を通じて
体の中に流れ、NK細胞の表面に付着しNK細胞を活性化します。
そのため、がん細胞やウイルスなどの病気の元を攻撃するので
免疫力がアップされるのです。

反対に悲しみやストレスなどのマイナスの情報を受けると、
NK細胞の働きは鈍くなり免疫力が下がってしまいます。


笑う前と、笑った後の血液を調べると、笑った後では
NK細胞の働きが活発になり、免疫システム全体の
バランスを整える効果があることも実験結果で実証されています。



◇血行促進

呼吸が深くなるため体内に酸素がたくさん取り込まれるため
気血のめぐりが良くなります。


◇自律神経が整う

笑いは副交感神経優位になるため、交感神経との
スイッチが頻繁に切り替わるので、自律神経のバランスが整いやすくなります。


◇幸福感と鎮痛作用

"笑う"と脳内ホルモンである
エンドルフィンが分泌されます。

エンドルフィンは幸福感をもたらす他
モルヒネの数倍の鎮痛作用で痛みを軽減します。



などといった"笑い"は体に効果的です。

☑︎仕事で嫌な事があった
☑︎イライラした
☑︎最近いいことがない


などといったことがあるときは
お笑い番組を見たり、鏡に向かって笑ってみてください。
それだけでも心が休まったり、気持ちが変化したりします。
一度試してみてください!




"笑い"とは反対に時には"泣く"ことも必要ですよ!
詳しくは↓
http://www.minoh-biyou.jp/blog/2016/06/post-625-1305309.html








このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ