症例紹介

2020年6月16日 火曜日

【症例】外回転術を3日前に控えた逆子が2回の施術で回る

今回のケースでは3日前に外回転術と病院で言われ、その前に出来ることがないかと来られた症例です。整体で重心の位置、姿勢への介入を行い、お腹のスペースを作ること。鍼灸では胃の動き高め、循環を良くするようにした結果、無事に外回転術前のエコーで回っていました。




利用者

女性 20代 大阪市在住

主症状

逆子(36週)

その他の症状

特になし

過去に受けていた施術

特になし

主な施術ポイント

姿勢への介入
お腹の張りの除去
胃の動きを高め、循環をあげる

施術の経過と内容

1回目
整体では
姿勢矯正。
お腹の張りを取るように脊柱、骨盤へのアプローチ。
胸郭の動きを整え、呼吸がしやすいようにアプローチ。

鍼灸では
胃の弱りを補うように、
エネルギーを高めるように経穴(ツボ)に対して鍼灸施術。
今回は足元を中心に刺激。


呼吸のセルフケアを指導。


2回目
2日後
姿勢はかなり変化出ていた。
胎動はいつも同じぐらいあったとのこと。

整体では
お腹の張り、胸郭の動きを中心に整え、骨盤周辺の筋肉バランスへのアプローチを追加。

鍼灸では
前回と同じ施術方針で進める。


翌日、外回転術前の健診で無事に回っていたと報告を受ける。


考察

今回のケースは36週の逆子で3日後に外回転術を控えた方の症例です。


問診で聞いていくと
今までのエコーで何も言われてなかったので、ここ最近急に逆子になったのかもしれないとのこと。

胎動は感じるが、いつも同じとこを蹴っているような印象。


身体を診ていくと
姿勢は仰け反った状態。
この状態では、お腹の動きが制限され、赤ちゃんが動きづらい。
血流悪くなりお腹の張りが顕著に出ていると感じ取れました。
また、胸郭の動きにも関与するので、呼吸への影響も考えられました。


鍼灸における
東洋医学的な検査を用いると胃の弱りがみえた。
その他にもエネルギー系の部分にも弱りがみえた。



施術では
お腹の張りを取ることをメインに考え、
姿勢矯正。
また、自律神経の状態を安定させるため胸郭へのアプローチも行った。

鍼灸では
循環をよくする意味で
上記の胃とエネルギーに対して補うようにアプローチ。


その他に自宅でも呼吸のエクササイズを行ってもらった。
このエクササイズを短期間ではあるがしっかり行ってもらいました。



その結果、無事に逆子が回ってくれました。


この結果は
整体や鍼灸で整えると同時に呼吸のエクササイズを頑張ったことも大きかったと考えます。


(個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません)

投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

2020/05/26

5、6月木曜日以外営業しております。
7月24日(金)休み

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ