症例紹介

2019年12月 9日 月曜日

【症例】夜泣き、かんむしでお悩みだった10ヶ月の乳児

今回のケースは生後10ヶ月で小児鍼。症状は夜泣き、かんむしで、それに伴って日中も機嫌が悪いことが多く良く泣くようになったとのこと。そんな夜泣き、かんむしが2回の小児鍼と家でのセルフケアを行うだけでよく寝て泣かないように変化した症例です。



利用者

男児 10ヶ月 箕面市在住

主症状

夜泣き
かんむし

その他の症状

特になし

過去に受けていた施術

特になし

主な施術ポイント

熱を取るようにアプローチ

施術の経過と内容

1回目 
かなり泣いてしまって施術が難しかったので
お母さんに指導しながら施術。

家でのセルフケア、注意点を指導。

2回目
4日後
大きな変化はないけど
かんむしに関しては少しましに。

前回よりも落ち着いて施術が可能だったため、
汗が出るまで小児鍼。
おもに背中を刺激。

様子をみながら施術を加える必要があるが、一旦卒業という形で、その後の経過をお母さんから聞いていきながら、判断していく方針。

考察

今回のケースは生後10ヶ月で小児鍼での症例です。
症状は夜泣き、かんむし。
それに伴って日中も機嫌が悪いことが多く良く泣くようになったとのこと。

出始めたのはここ1ヶ月前からで当初は夜も1回起きる程度であったが、特にこの2週間前ぐらいからは30分ぐらいに1回は起きるようになってかなりしんどそう、自分自身もかなり疲労が溜まってきているとのことでした。


身体を診ていくと
かなり熱があり、こもっている感じでした。

その他は特に検査等では問題がなかったので
熱を取るように小児鍼を行いました。

また、施術だけではなかなか取り切ることが不可能な点とお母さんに自身に行ってもらう必要もあったため、セルフケアを指導。
また、家での過ごし方も指導しました。

その結果、施術に加え、お母さんが毎日行ってくれたこともあり、2回目終わった後から症状の緩和がみられた。

あとはセルフケアだけでもより緩和、安定すると見込めたので一旦卒業。

それから経過を何度か聞くと
まだ波があるため1週間の中でも1.2回は起きることもあるけどほとんど寝てくれるようになったとのこと。
また、お母さん自身もその間寝れるようになったため、かなり肉体的にも精神的にも助けられたとのことでした。

夜泣き、かんむしは原因が分からず、毎日起きることも多いのでかなり不安が募ることだと思います。
しかし、なぜ泣いているのかを問診、身体の状態から理解して、お母さんに伝えると安心されます。

(個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません)

投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

2020/03/13

5月2日(土)3日(日)営業、5月4日(月)~7日(木)休み

2020/02/16

3/20(金・祝)休み

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ