症例紹介

2019年6月30日 日曜日

【症例】何をしても良くならなかった夜泣きが小児鍼で改善

4ヶ月間何をやっても良くならなかった夜泣きが1回の小児鍼で改善した症例です。今回の夜泣きのポイントは小児鍼とセルフケアで熱を出すという事が重要になりました。



利用者



男性 1歳 豊中市在住



主症状



夜泣き



その他の症状



特になし



過去に受けていた施術



特になし



主な施術ポイント



熱を出す



施術の経過と内容



1回目

東洋医学的に検査を行うと

舌診では消化、吸収を診るためのラインに(虚)弱さが診られた。

触診では熱があると感じた。



問診と上記の検査から全身に熱があると考え施術。



施術は全身にローラ鍼を行うことで体内の汗腺を刺激し熱を出すようにアプローチ。



自宅でのセルフケアを指導。



2回目

2週間後

かなりよく寝るようになっているとのこと。



前回と同じ施術方針で進める。



施術は一旦卒業してセルフケアを行なっていくように指導。



初めての施術から1カ月後。

問診だけ行うと

最初来られた時がしんどくてどうしようもなかったのを10

全く泣くこともなく良くなったのを0としたら

今は1ぐらいとのこと。



あとは体調等で左右されやすいことを伝え終了。



考察

初めて来られた時は夜泣きに悩まられて3.4カ月経っており、3.4ヶ月と期間が長かったので母子ともに体力的にもそして、いつ夜泣きがおさまってくれるのかと精神的にもきつかったと思われます。



身体を見ると上記で述べたように「熱」が盛んにある事で夜泣きをしていると考えました。



なぜ熱があることで夜泣きをするのか?



まず、赤ちゃんは体内の熱を発散させようとします。

イメージするのであれば私達大人でも



丸く縮まっている状態と

大きく大の字になっている状態だと



どちらが熱が放出されるか。



丸く縮まっていると熱は逃げにくく、大きく大の字になっていると熱は放出されやすいですよね。



さらに泣いて代謝を上げることで赤ちゃんは私達のように熱を出そうとします。



それか夜泣きと考えます。



施術ではその「熱」を上手く放出させるように全身の汗腺を刺激して熱が放出されやすい環境を作るように行いました。



あとは自宅で寝る前に同じことを行います。



ポイントは家では本人が気持ちよくウトウトするような場所だけをします。



そうすることで母子のスキンシップが上手く出来その結果、子供自身の自律神経も整い、寝る事がスムーズになったり、より深くて質の良い睡眠に入れると考えます。



(個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません)

投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

2019/07/13

7月14日(日)休み
7月15日(月・祝)通常通り営業
8月10日(土)通常通り営業
8月11日(日)休み
8月12日(月)通常通り営業
8月13日(火)通常通り営業
8月14(水)休み

※定休:木曜日

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ