症例紹介

2018年10月28日 日曜日

【症例】病院でも治らなかっためまいが鍼灸で改善

今回の主症状である「めまい」。今回のケースでは体内の熱を下に引き込むことが出来ずに症状が出ていました。ですので、西洋医学的な病気によるめまいや栄養(貧血等)の乱れで生じていたのではなく、東洋医学的な「冷えのぼせ」のような状態が招いた「めまい」と考えられた。



利用者

男性 30代 箕面市在住

主症状

めまい
左頚部の痛み(前屈、側屈で疼痛、可動域制限)
右足関節の痛み

その他の症状

特になし

過去に受けていた施術

鍼灸
マッサージ
接骨院

主な施術ポイント

肝、脾、腎のバランス調整
肩周辺の筋緊張除去
アームライン
神経刺鍼

施術の経過と内容

1回目
うつ伏せの状態で
肩周辺の筋緊張を除去するため、肩甲骨に付着する筋肉をメインに左右6本鍼施術。
左肋骨部にある経穴(つぼ)に1本。
眼精疲労や頸部の筋緊張を除去するため頭頸部に左右2本。
東洋医学的に腎、脾を補うため背中から腰の経穴(つぼ)に
2本。

仰向けの状態で
肩の筋緊張に繋がる経穴(つぼ)を刺激するため両手の2本。
東洋医学的に腎、脾を補うため足の経穴(つぼ)4本。
頸部へのアプローチのため手に1本。
神経刺針のため足の神経に1本。

施術後、左頸部の痛み、右足関節の痛みがかなり緩和。
めまいは施術後なのでよくわからないとのこと。

2回目
2週間後
めまいペインスケール10→1
左頸部は回旋時に少し痛みが残る。
右足関節はやや違和感。

前回と同じ施術方針で進める。

2週間空けてかなり症状の緩和と持続性があったため、一旦卒業とし、また何かあればすぐに診る方針で終了。

考察

今回の主症状である「めまい」。
今回のケースでは体内の熱を下に引き込むことが出来ずに症状が出ていました。
ですので、西洋医学的な病気によるめまいや栄養(貧血等)の乱れで生じていたのではなく、東洋医学的な「冷えのぼせ」のような状態が招いた「めまい」と考えられた。

東洋医学的に診ると腎、脾の虚(弱り)があり、この状態ではエネルギー不足になります。
この状態だとエネルギー不足のため熱を下に引き込むことが出来ません。
結果、体内の熱は上気して冷気は下に溜め込まれます。
イメージしやすくするとエアコンの場合、暖房は上昇しやすく、冷房は下降しやすいのと一緒で、人の体も本来は熱は上気しやすいが、エネルギーがしっかり備わっていると上記のようなことにはならない。


腎→元々のエネルギー。
脾→食べた物を消化、吸収、運搬しエネルギーに変える。

それらを調節するため背中、足の経穴(つぼ)を刺激して虚(弱り)を強くすることで本来のパワーが戻り、熱が下降しやすく「めまい」が緩和していったと考えられます。

この時に注意しなければならいないのが、熱量は足りているが、熱が下降出来ない。
つまり、足元を温めるとその時は良くても数時間後にはまた熱が上気し余計に症状が悪化する可能性があるということ。

左頸部の痛みに関しては
肩凝りや背中の凝りがかなり強かった。
この筋肉の凝りが頸の動きの制限となり痛みになっていたと考えられました。
施術では直接、肩の筋肉に施術と手からの経絡を刺激して緩和させました。
あとは回復しやすいように上記と同じくエネルギーを補うようにアプローチした結果、痛みの緩和と持続性が出たと考えます。

右の足関節に関しては痛めた原因がわからないとのことでした。
検査では筋肉に圧痛があったので、その筋肉の支配神経である神経刺針を行い、一気に緩めた結果痛みが緩和されました。


(個人の例です。全ての方に効果を保証するものではありません)

投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

2019/07/13

7月14日(日)休み
7月15日(月・祝)通常通り営業
8月10日(土)通常通り営業
8月11日(日)休み
8月12日(月)通常通り営業
8月13日(火)通常通り営業
8月14(水)休み

※定休:木曜日

2018/02/04

【テレビに出演しました】2月4日放送(テレビ大阪)の「吉本超合金A」に出演しました!

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ