症例紹介

2017年7月26日 水曜日

急ピキッとくる首の痛み

・患者  
女性 Y.I  60代

・主症状 
2、3年前から左首〜左肩にかけて弦を弾いたようになる痛みが
ひどい時には30分程続く。

・その他の症状 



・過去に受けていた施術 
鍼灸治療、マッサージ




【1回目】
肩を触っても硬結はなく、左の背中に硬結。
前傾姿勢で首が前に突き出し、骨盤の開きもある。
体も細身で、すぐにお腹を下しやすいので食事には気をつけているとのこと。
生まれてきて便秘にはなったことがない。

背候診:右脾兪〜胃兪にかけての虚
腹診 :少腹の虚
脈診 :右関上沈

脾の昇清作用の低下によって内臓下垂が起きてしまっている。
過去に、自律神経失調症、更年期障害(ホットフラッシュ)も起きていた
とのことだったので、脾の強化をメインで治療。



【2回目】
1週間後に来院
治療後、弦を弾いたような首の痛みはなく
今朝ピキっと一瞬だけ痛みが走った。


【3回目】

1週間のうち2回ピキっとなる痛みがあった。
仕事が忙しかったのも影響していたのか。
左背部の硬結はとれている。


【4回目】

首の痛みはなかったが肩こりがある程度。
治療方針は変わらずに脾の強化。


【5回目〜】
ピキっとくる痛みは出る時はあるが、出ない日が増えてきた。
プライベートと仕事が忙しくなると首の痛みも強くなり、
腎虚も出てくる。そのため寝つきが悪くなることもあった。

脾虚をベースに腎も整えて治療を続けて症状の改善に努めている。



・考察
内臓下垂が影響して前傾姿勢になり肩首に負担が来ている。
なのでいくら肩や首をマッサージや直接鍼をしても症状が良くならなかったのでしょう。

局所のアプローチはほとんどせずに、脾の昇清作用を強化するように治療。
昇清作用が弱いため、肺や心の弱りが出ることもあり、
気血の化生ができず、体のエネルギー不足になる。
そのため腎の弱りが反応が出ることもある。


脾は消化・吸収・運搬を行っている。
臓腑と全身を栄養するエネルギーを輩出するところである。



脾を強化していかないと内臓下垂が治らずに、今出ている
主症状も改善は見られないので、継続して脾を強化する治療を続けている。






投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

2017/08/12

木・祝は通常通りお休みをいただいておりますが、
お盆期間中通常営業です。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ