スタッフブログ

2017年2月24日 金曜日

小児の成長と関わり

◇子どもは栄養だけでは育たない
魚類や爬虫類などの卵から生まれた仔は独力で成長していく。
つまり「育つために親も親の愛情も必要としない」動物。

高級は哺乳類ほど適切に育てられないと一人前に育つことは難しくなる。
特に人の子どもでは成長に与える生育環境の影響は極めて大きいものがある。



◇0〜1歳
生理的早産とされている時期。
立って歩くこと、手を用いること、言葉を話すことなどの
「人間らしさの基礎」ができる。
母親との基本的信頼感が形成される時期。
「人見知り」という形で現れる。
「お母さんはいいもの」という感性が作られる時期なので、環境としての
母親が極めて大切になる。
「見つめる・触れ合う・語りかける」ことの多い母子関係が好ましい。



◇1〜3歳
「頑張り始める」時期である3歳に向かって、人間としての心身の機能を充実させる時期。
性格・行動・情緒、あるいは身体的な諸器官や機能の基礎が形成される。

生活環境の影響を受けながらそれに反応して成長する時期なので、
「明るく活動的で賑やか」な生活環境が好ましい。
親・家族・近隣との関係を通して人間関係の基礎を創り上げていくので、
親のみならず家庭・地域などの環境の質の良さが大切な時期である。


◇3〜6歳
第一反抗期。
メンツとプライドが現れ、「自分で」やりたがるようになる時期。
反抗ではなく自己主張し始める時期である。
「頑張り始める」時期でもあり、副腎・交感神経の機能が充実し、
アドレナリンやステロイドの働きが高まる時期。
寒さに親しみ活動的な生活、甘えるより褒められることを好む子に育つように心がける。
親の過干渉と過度の心配性は禁物である。
この時期に、アドレナリンやステロイドホルモンの機能が不安定になるように成長
すると、気管支喘息やアトピー性皮膚炎になりやすくなる。


◇6〜10歳
外に向かって自己拡張する時期。
10歳頃には、義務や責任などの抽象的概念の理解が可能になり、
自身の言動を客観視できるようになる。
自分なりの筋とけじめなどが定まり、個性と価値観が形成されてくる。
それが自身や大胆さにつながれば自己評価も安定し成長への意欲と親への信頼感が充実する。
体型も幼児体型から少年体型へ変化する。


◇10〜15歳
成人の基礎を充実させる時期。
外に向かって自己拡張が充実し、「自身の判断で」人間関係を築き、
「自分たちのルール」で仲間を作れるようになる。





このように、子どもは体の成長とともに心も成長していく。
その時に周りの大人がどのような接し方・態度をとるかで
子どもの将来が決まると言ってもいいのかもしれません。










このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ