スタッフブログ

2017年1月25日 水曜日

お肌のお悩み:シミ

肌トラブルでお悩みの多い「シミ」


シミとは?
メラノサイト(色素細胞)を活性化し、メラニンを過剰に分泌した後、皮膚表面に褐色の色素沈着を起こしたものをシミと言います

メラニンは紫外線から体を守るために働いておあり、人体にとってはとても重要なものです。
このメラニンも過剰に分泌されると代謝の際に上手く排泄されず、色素沈着を起こし、
シミとなって肌に残る場合があります。


シミができる原因
・過度な紫外線照射
・ホルモンのバランスの乱れ(妊娠・出産・ピルの服用・生理不順・更年期など)
・肌の老化や疲労の蓄積(新陳代謝の低下)
・精神的なストレス・極度の精神緊張
・血行不良
・合わない化粧品の使用
・機械的・物理的刺激(ニキビ、傷、湿疹、炎症、など)


シミの予防法
・紫外線を避ける
・トリートメントやパックを行う
・禁煙する
・ビタミンを摂取する
 →抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEを摂取する
  

中医学からみたシミ
中医学では、シミを「肝班」「蝴蝶班」と言います。
シミは皮膚疾患の一つと考えられているため、表面からのアプローチだけではなく内側からの
アプローチも必要になります。
中医学では五臓のうち、肝・脾・腎と深く関与していると考えられています。


肝:茶色または灰色で、目の下、頬の高い部分左右対象に広い範囲でできている場合が多い。
  怒りっぽい人や、抑うつ、月経不順、月経痛などの体の症状も伴う

脾:顔色が全体的に黄色みがかっている。シミは薄い茶褐色で
  鼻、鼻翼の周囲、口の周囲にできやすい。
  皮膚にはハリがなく、むくみやすい。
  疲労、ストレス、飲食の不摂生、便が緩いなどの体の症状も伴う

腎:全体に顔色が白っぽくツヤがない。シミの色は灰色、黒みがかった茶色で
  鼻、鼻翼周囲、頬の中央に左右対象にできやすい。
  皮膚は冷たく、むくみやすい。
  下腹部の冷え、手足の冷え、足腰のだるさ、むくみなどの体の症状も伴う




顔も体の一部なのでスキンケアも大切ですが、体の内側の部分が
悪さをしてシミなど、顔の不調を起こしてしまいます。



当院の美容鍼灸について詳しくは↓

http://www.minoh-biyou.jp/shinkyu/










このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ