スタッフブログ

2017年1月 7日 土曜日

【症例】逆子「もう半分逆子のままでいいかと諦めていました・・・」



【患者】

女性 30代
 

【悩み】

逆子32週
 

【その他の症状】

腰痛
 

【過去に受けていた施術】

逆子体操
 

【主な施術ポイント】

自宅の改善
 

【施術内容と経過】

(1回目)

改善しそうな反応があったため当日は腰の調整と体全体の調整

腰痛はほぼ改善

 

(2回目)

アレルギー反応があったため特殊な検査で調べていくとハウスダストで反応ー自宅ーリビングーソファーで反応 ヒアリングしてみるとソファーがファブリックでそのソファーに座ると鼻水が出るとのこと。

それを対策するように指導。

 

(3回目)

前回の施術の後、電気屋により布団用の掃除機を購入してソファーを掃除したそうです。

驚くほどホコリが取れたそうです。

それからは鼻水も治ったそうです。

その後の検診で逆子改善が確認できたとのことでした。

 

【考察】

この方は

「もう逆子のままでもしょうがないか・・・」

「でもできる限りのことはしておきたい」

というお気持ちで来られました。

 

私の経験上、絶対に何が何でも改善したい!帝王切開がいやだ!という方より、元気で生まれてくれればいいや、でもできる限りのことはやっておこうというスタンスの方の方が逆子は改善しやすい傾向にあります。

 

今回の方のケースは体ではなくなんと自宅のソファーにありました。

私は常々逆子は赤ちゃんからのメッセージだとお伝えしています。

もしそのソファーに赤ちゃんを置いていたら赤ちゃんもアレルギーになっていたかもしれません。

まずはなぜ逆子になっているのだろう!?としっかり自分の体に傾聴してみてください。

生活習慣かもしれませんし夫婦関係、親子関係かもしれません。

 



このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ