症例紹介

2016年10月19日 水曜日

【症例】寝つきの悪さに鍼灸治療

〈患者〉
男性M.T 60代 男性 箕面市在住

〈主症状〉
寝つきが悪い、中途覚醒
お酒がないと眠れない

〈その他の症状〉
なし

〈過去に受けていた施術〉
鍼灸治療、カイロ


〈主な施術ポイント〉
腎陰を増やす


〈施術の経過と内容〉

【1回目】
背候診の際、腎兪に大きな虚が見られた。
舌は賦苔、大腸を半分切除しているため腹部の虚も見られる。
治療穴は照海、腎兪に補法で鍼


【2回目】
布団に入ってから2時間しても眠れなかった
舌の苔は少し薄くなっていた。


【3回目】
前回の治療後、2日間は寝つきが良くなっていたが
睡眠は浅い。
腎兪の弱りが少しづつましになってきている。


【4回目】
治療後3日間お酒飲まずに眠れた。
中途覚醒はまだあるが寝つきは良くなっている。


【5回目】
寝つきはもう問題ないが眠りが浅い。
この日の前日にお酒を飲む機会があったため
腎虚が進行していた。


〈考察〉
既往歴を聞いても、すべて下腹部に症状があった。
検査をしていても右側に虚の反応があったため
腎陰虚と判断し治療を進めている。
食生活の影響も大きいため脾胃の反応も見ていきながら
腎をメインで治療を進めていく。
予後経過観察中。


(個人の症例です)


投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ