スタッフブログ

2016年7月12日 火曜日

質のいい睡眠をとるための枕選び

どんな枕で寝ていますか?
次の朝には
前日の疲れは取れていますか??

当院でも、枕に関する質問は
よくあります。

1日のうち、
約3分の1が睡眠時間ですが、
毎晩、ほとんどの方が使っている枕。しかし、自分に合った理想の枕は、
なかなか見つからないものですよね。


どんな枕が良いのかは、
人により、千差万別です。

枕の選び方などについて
調べてみたので紹介します。


〈最適な枕の選び方とは?〉
理想的な枕とは寝ているときに
敷ふとんと頭部・頸部の間にできる
空間を
埋めることができるものです。
つまり、
立っているときの自然な姿勢を
寝ているときも保つことの出来る枕が
最適な枕なのです。


引用出典:http://kawanobe.cart.fc2.com/



〈枕を選ぶときにチェックポイント〉
枕を選ぶときには
チェックしなければいけない
ポイント3つがあります。

「高さ・素材・形状」

このうち最も重要なのが、
「高さ」だそうです。


①枕の高さ
枕の高さには
快適な睡眠・疲れをとる睡眠と、
とても深い関係があるのです。

人は寝ている間に、
寝返りをうつものなのです。
枕の高さの調整は、
上向きや横向きで、
体や肩が楽か、首が楽かを考えて、
行います。

最近連日の熱帯夜に、
何度も寝返りを打った翌朝や、
寒くて、縮こまって起きた朝に、
体がだるい場合は、
寝返りが極端に多いか、
少なすぎたためです。

自分に合った高さの枕は、
程よい寝返りの数を、
もたらして、
体の疲れを取ってくれます。


②枕の素材
枕の中身がかたよったり、
頭が沈み込んでしまうなどの
枕は首に余計な負担がかかり、
首の痛みや
肩こりの原因になります。


③枕の大きさ
枕が小さすぎると、
寝返りをしたときなどに
頭が落ちてしまう場合があります。
だから、
枕の大きさは頭3個分くらいの
大きさのもの選びましょう。


今の枕があってないかも?
と思われる方は
まず高さ調整を
試してみて下さい。

■枕の高さを調整するには?
あなたはどのタイプ??

首の位置の高さが足りない
首を支えるように、
タオルを首の下に入れ、
少し高くしましょう。


頭が前に突き出る
枕の位置を下げるか、
後頭部が少し沈む枕に、
買い替えましょう。
首を支え、
頭が適度に低くなる枕には、
低反発のネック枕や、
立体型のパイプ枕があります。

全体に低すぎる
高さを調節する薄型枕を、
今の枕の下に重ねて、
一緒に枕カバーに入れます。

肩周りに、隙間ができる
頭が程よく沈む、
大きな羽毛枕や、
両肩を包む形の枕に変えましょう。



枕が高すぎる
肩の下にバスタオルなどを敷いて
肩の高さを少し上げましょう。



枕の高さの調整は、
寝返りの回数、疲労の回復、
眠りの質を、程よく調節し、
肩や首のこりを防ぎます。


あなたの睡眠を、
枕の高さの調節を再度見てみ、
最高の質にしましょう(❛ᴗ❛人)✧

pic20160712163253_1.jpg

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ