スタッフブログ

2016年4月25日 月曜日

暖かくなったのに、明け方足がつる!!

冬場よく聞く、明け方に
足がつる=こむら返り。
しかし暖かくなる4.5月も
こむらがえりを訴える方が実は多いんです。

東洋医学ではこう考えます。

症状からわかることは、
① 筋がひきつったように痙攣する ⇒肝 (肝臓)が関係している
② 痛みがある ⇒不通則痛 または 不栄則痛 である

専門的な言葉でわかりにくいかと。
イメージとし
不通則痛 : 筋への血 の供給が何かで妨げられ た状態。
不栄則痛 : 血の不足があるために筋が十分滋養されていない状態。

要するに引きつった筋肉は
血液が不足している状態です。
ではなぜ、血液が不足するのでしょうか。

ずばり疲労です。
たかが疲労されど疲労。
疲労によって血液が消耗されているんです。


こむら返り主な原因となるのは、
「冷え」と「疲労」です。
冬のこむら返りは「冷え」タイプが原因となることが多いですが
今の時期はこの「疲労による血液不足」タイプが多い。

◎身体の循環が正常に働いておらず
疲労が溜まっていく人。
◎貧血傾向の人。
によく見られます。

今の時期こむら返りが起こる方!
身体からのメッセージです。
身体のケアをしましょう。
鍼灸も整体も有効ですよ!



pic20160425212102_1.jpg

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ