スタッフブログ

2016年4月12日 火曜日

幸せ物質セロトニンと腸内細菌の関係

こんにちは!
最近、腸にハマっている稲田です!
腸に関係するお話をしたいと思います!


日本は先進国の中でも自殺率際立って高く
先進国G7で第1位、年3万人 1日80人余りがこの世を去っています。
自殺した人の脳脊髄液を分析すると
セロトニン不足(うつの原因)
が確認された。

「セロトニン」とは...
脳の中の伝達物質として注目されている
セロトニンとドーパミン。別名幸せ物質。
◎ドーパミン:幸せを記憶する物質
◎セロトニン:心身をコントロール
自律神経をコントロール
注)セロトニンはストレスに弱い

そしてこの
「セロトニン、ドーパミン=幸せ物質」の
働きを左右しているのが、
腸内細菌であり、
腸内細菌が多いほど病気にならず
「幸せ感」を感じやすいと証明されました。

今、現在問題とされているのが
腸内細菌の減少している人が多いことです。
欧米食や添加物など食生活が深く関係してきます。

腸内細菌の減少は糞便の量でわかります。
糞便の約半分は死んだ腸内細菌です。
戦後は約400→現在200
糞便の量の減少理由として食物繊維の摂取が極端に減ったことを兵庫県立大学名誉教授の辻啓介教授が述べています。

【養生】
腸内細菌を増やすには!!
食事は植物性食品・野菜やマメ類、海藻類
などの食物繊維・適度な脂肪とコレステロールを取りましょう!

そして何より
「噛むこと」が大切。一口30回。
よく噛むことによって唾液分泌され、免疫力アップしたり腸内が活性化したり、いいこと尽くしです!

まとめると
食物繊維をよく噛み、
腸内細菌を増やし
スッキリ糞便し
セロトニンを放出させ
幸せを感じましょう!
ということです(ღ′◡‵)





このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ