症例紹介

2016年2月25日 木曜日

途中覚醒〜ぐっすり眠りたい〜

<主訴>
来院する半年前から夜中の途中覚醒に悩んでいる。

足の冷えと頻尿で5,6回は目を覚まし、すぐ入眠出来ないこともあってぐっすり眠りたい。



<その他の不調>

○昔から、左目が過度の近視で肩こりが癖になっている。

○途中覚醒が気になりだしてから1カ月後に左坐骨神経痛も出てきた。

○その後、ギックリ腰も一回あった。

○来院までの2カ月間で39℃の高熱が4回出ている。



<来院までの経緯>

途中覚醒に関しては、漢方薬を試していたのが、途中覚醒が3,4回に減ったものの高熱が出るようになったので、怖くなって違う方法で。

坐骨神経痛に関しては、懇意にしていた整骨院があったが、改善が見られず、

途中覚醒の治療のついでに治ればいいなあ〜という思いで、鍼治療と整体両方を受けられる当院へ来院。



<東洋医学的検査>

舌は全体的に乾いていて、舌先が赤かった。

脈は、左側の胸郭出口症候群の兆候もあって、左全体の脈が触れにくい。

お腹は、胃部に圧痛あり。


<東洋医学的考察>
脈は、指標にならず。

舌の乾きと舌先の赤み、神経痛、熱、頻尿という状態から肝火上炎の可能性あり。

足の冷え、胃部の圧痛から熱を冷やす腎陰の部分が上に登ることができていない可能性あり。



つまり、東洋医学的検査によると体の状態は、冷えのぼせの状態です。

左半身は視力の低下により、元々の循環の悪さがあって、たまたま症状が出ただけで、

肝火上炎になるようなことは、他にあるのでは?と聞いたところ、


出てきました。
ご両親がなくなり、その後の後片付け、遺産整理での揉め事。



<治療>
なので、治療は、腎陰を高め、肝火を下げるように。

あとは、左半身の循環を促すように治療しました。



<結果>
1回目の帰り、体が軽くなり、
4回目で坐骨神経痛なくなり、
6回目で腰痛、首、肩の違和感なくなりました。

体が整って来たので、左背中の腎兪の圧痛を取り除くような鍼をしたら、ぐっすり寝れるようになりました。



現在、途中覚醒は、2回くらいはあるけど、睡眠に支障をきたすことはなく、ぐっすり寝た感じは得られています。

左半身の循環の悪さは残るため、寝違え、足つり、背中の張りなどを定期的にメンテナンスしています。




投稿者 いわなが整骨院

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ