スタッフブログ

2015年7月14日 火曜日

とびひの自宅ケア

こんにちは、
岩永朋之整体サロンの鍼灸師 魚本です。


今日は、自宅で簡単にできるとびひのケアについてです。


とびひは、正式名称を「伝染性膿痂疹」といいます。
強いかゆみを伴う水泡が、次々に「飛び火のように広がる」というのが名前の由来です。

原因菌は、常在菌である黄色ブドウ球菌で虫刺されやあせもなどを掻いてできた傷口から進入し、水泡やかさぶたをつくります。

高温多湿の夏にできやすく、うちの子も昨年の今頃は小児科で塗り薬をもらっていました。


そして、今年は知り合いの鍼灸師から聞いた方法を試し中で、効果があったので、ここで紹介しますね。


鍼灸治療としては、お灸を使うのですが、家でもできる簡単な方法…


それは、つまようじ灸。


つまようじの先に火をつけてすぐ消します。まだ熱い状態のつまようじを虫刺されの中心とその周りを2周、ツンツンと突いていくだけです。


ただ、好奇心旺盛な2歳児は、つまようじやライターに手を出したり、ツンツンするだけでもゲラゲラ笑い出したりするので、


少しアレンジして、つまむことにしてみました。


お灸もつまようじ灸も血流を改善し、白血球を集めてくれるんですよね。


とりあえず血流を改善するだけでも良いかと思って患部を周りからつまんでみたら、よかったです。


いつも虫に刺されるとかきむしって直径5センチくらいの大きな腫れを作るのですが、真ん中に水泡がある状態でも数回つまむだけで翌日には腫れが引き、掻きむしらなくなります。


そして、あせもが出始めた今は、あせもが出ているところをほんのり赤くなるまで傷をつけないように気をつけながら小児鍼でコロコロしています。


当院には、誰でも簡単に使えるローラー鍼を置いてあります。興味のある方はスタッフまでに一言かけてくださいね。



箕面市の整体「岩永朋之整体サロン」
ご予約のお問い合わせは今すぐこちら
TEL:072-724-3634
営業時間9:00~13:00 16:00~20:00
定休日:木曜・祝日
HP http://iwanaga.me オフィシャルサイト
http://www.minoh-biyou.jp 鍼灸専門サイト
facebook 岩永朋之整体サロン
twitter @iwanaga_0316



pic20150714191842_1.jpg

このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ