スタッフブログ

2014年3月 8日 土曜日

花粉症対策



去年と今年は、幾分か花粉症状が落ち着いている魚本です。


花粉症対策、これといった努力もしていないのですが、実は妊娠中、授乳中だったのでお酒を控えています。


刺激の強いものも控えていまして、去年、韓国料理を食べた翌日は鼻水がひどかったことを覚えています。


花粉症は、体内に侵入した花粉に免疫系が過剰に反応して引き起こされます。


なので、体内に花粉を入れなければいいのです。


では、どのように?


外の空気にさらされる皮膚、粘膜の状態を丈夫にすればいいのです。


粘膜といえば、目や鼻や喉の粘膜だけではなく胃や腸も粘膜で覆われています。


刺激の強い香辛料やアルコール、空腹時のお茶やコーヒー、油ものは胃腸に負担をかけますので、胃腸に優しい和食をおすすめします。


そして、
皮膚や粘膜の代謝を促し健康を保つ食べ物に豚・鳥のレバー、豚・牛の赤身、かつお、マグロ、大豆、鶏卵、ニンジン、ミカンがあります。


日頃、疲れが溜まっている方は、食生活だけではなかなか体質改善しづらいので、まずは当院での鍼治療や骨格矯正をおすすめします。


スタッフ 魚本






















このエントリをlivedoorクリップに登録

投稿者 いわなが整骨院

カレンダー

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着情報

一覧を見る

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ