ホーム > 便秘

便秘

便秘について

こんな症状が気になることはありませんか?

<チェック項目>

☑お腹が張った感じがある

☑便通が毎日ない

☑あまり食欲がない

☑水分をとることが少ない

☑最近運動不足かも・・・

☑便秘薬が手放せられない



便秘は体質の方、あきらめていませんか?
自律神経の働きを整え、お腹の調子をよくしていきましょう。
毎日便秘薬を飲んでいるあなたにぜひおすすめです。


便秘の原因

便秘とは

なぜ自分が便秘なのか考えたことはありますか?
多くの人は、子どもの時から便秘だから気にしていないと答えるかもしれません。


しかし、便秘は何らかの病気にかかっていない限り治るものです。
(大腸ポリープ、大腸がんなどは専門の病院を受診されることをおすすめします)


<鍼灸治療で治療できる便秘>
〇腸の運動が弱く、排便する力がない

〇腸の運動が活発過ぎて、けいれんを起こしてしまっている

〇直腸に便があっても、便意が起きない


便秘治療法


東洋医学では、便秘の事を【大便秘結】、【大便難】、【不大便】などといいます。
脾・胃または大腸の病変によって発症しますが、大きく虚証と実証の便秘に分けて治療していきます。

①胃腸に必要以上の熱がたまり、水が不足することによって便が固くなってしまうタイプ
②エネルギー(気)がうまいこと巡らず、停滞してしまうことによって、便が排出できないタイプ
③水をためたり、循環させる臓器の機能低下によって腸の運動性が弱くなってしまうタイプ

上記のようなタイプも考えられます。
便秘症でも、一つの原因ではなくタイプや症状が組み合わさることによって発症している場合がほとんどです。あなたはどのタイプで、どの症状に当てはまりますか?

実際に当院で行う治療の仕方を紹介します。


1.腸の運動性を高める治療法
骨盤の神経を利用し、排便を促していきます。

2.自律神経を整える治療法
過敏性腸症候群のような精神的にストレスが多く便秘の他にも不定愁訴(病院にいっても異常がない症状)がある場合、自律神経を整えて排便をコントロールします。

3.排便の習慣をつける治療法
規則正しい生活を心がけてもらい、直腸と関連する反応点を利用し、排便の習慣をつけていきます。



治療の流れ

STEP①

STEP①しっかりとお悩みや生活習慣をお聞きします
東洋医学ではこの問診が非常に重要になります。日常生活や食べ物の好き嫌いなどから判断していきます。

STEP③

STEP②検査
東洋医学独特の検査法であなたの体の本質的な部分や今の症状がどこの問題かを見分けていきます。
脈診(脈の状態をチェック)
舌診(舌の状態をチェック)
腹診(お腹の状態でチェック)
このほか皮膚の触った感じなどからも判断いたします。

STEP②

STEP③施術
問診、検査から仮説を立て(証だて)改善させるための施術をしていきます。
鍼は痛みはほとんどありません。
しっかりと説明しながら施術していきますので初めての方もご安心ください。

STEP4

STEP④再検査及び説明
施術の結果を検査して、今のお身体の状態、今後の方針などをわかりやすく丁寧にご説明いたします。
質問や不安な点は何でもご相談ください。


  • 女性スタッフが対応

当院では女性スタッフが常在しております。
また、鍼灸治療は個室完備されておりますので
ご相談がありましたら、お気軽にお声かけください。

施術費用について


自律神経,大阪,鍼灸


 

安心の返金保障(期間限定)




関連記事

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ