ホーム > アトピー

アトピー

アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、原因がはっきりせずかゆみや湿疹が良くなったり、悪くなったりする症状をいいます。もともとアトピー素因やバリア機能が低下している体質や、アレルギー症状を起こす物質、精神的な要因が重なった時に発症すると考えられています。


こんな症状はありませんか?

こんな症状ありませんか?
☑夜中かきむしって寝られない
☑お風呂あがりや温まるとかゆくなる
☑1回治ってもすぐ戻ってしまう
☑皮膚がジュクジュクして外に出られない
☑乾燥して肌がカサカサ

アトピー性皮膚炎の原因は?

原因①食生活

近年は加工食品や不規則な食生活などが原因になり、腸内環境を悪くしアトピーを発症しやすい体になっています。
腸内環境がわるくなると肌のバリア機能も低下してしまいます。そうすると肌の乾燥、痒み、炎症をひきおこします。

原因②アレルギー要因

アトピーの人は、環境要因が原因で引きおこることがあり、細菌やウイルスなどに過剰に反応してしまいそれが体に現れると言われています。

原因③肌の性質

アトピー性皮膚炎の人は、皮膚の保湿成分や皮脂の分泌が少なく、皮膚のバリア機能が弱くなっているため細菌や原因物質などが侵入しやすい状態になっています。
様々な原因でかゆみをひき起こし、掻いてしまうと皮膚のバリア機能が崩壊されますます異物が侵入しやすくなり悪循環になってしまいます。

西洋医学的な治療は?

お薬が多いですよね!

・ステロイド外用薬
アトピー性皮膚炎にとって代表的な治療法です。皮膚の炎症を抑えかゆみを和らげ即効性のある薬です。薬によって強度があります。

・ステロイドの副作用
①ステロイドには免疫を抑制させる効果があるため、細菌や真菌などを侵入させてしまうことがあります。そのためステロイドを塗るとニキビができやすくなります。

②長期使用していると皮膚が薄くなり、細い血管が目立ちやすくなります。

③ステロイドには男性ホルモンと似た作用があるため毛が多くなったり、濃くなったりします。

④毛細血管がもろくなり内出血を起こしやすくなります。


・内服薬
①抗ヒスタミン薬
②抗アレルギー薬
③漢方薬(東洋医学)

東洋医学的な治療とは??

東洋医学鍼灸治療ではこんなふうに考えます!

鍼灸治療には副作用がありません。体の根本的に悪い所を治療するため免疫力もあがり、体の調子もよります。さらに肌にツヤが出てき、かゆみに対するツボもございます。

・ジュクジュクしたアトピー
甘い物や脂っこいもの、お酒などをよく食べていると体に余分な水分が溜まりやすくなります。そういった状態を湿熱といいます。湿熱は気(エネルギー)・血(栄養)の流れを悪くします。そうすると消化機能がわるくなり排出が上手く出来なくなることによって湿熱が体に溜まり症状を悪化させてしまいます。
ジュクジュクで赤く・喉の渇き・ほてり・便秘や下痢・体がだるいなどの全身症状も伴います。


・カサカサアトピー
血が不足すると肌の潤いがなくなりカサカサになり、貧血のような症状がでます。こういった状態を血虚といいます。血虚とは栄養不足の状態をいいます。血は、栄養を運び、体を潤してくれる作用があります。
肌の乾燥、ひび割れ、肌の肥厚、乾燥でかゆみが強くなり、不眠、めまい、たちくらみ、顔色が悪い、爪や髪の毛にツヤがない、生理不順などの症状もでます。

・体の赤み、腫れ、ほてりなどのアトピー
体の熱が発散されずにこもっている状態をいいます。体に熱がこもっていると皮膚の赤みや便秘、水分が蒸発するため肌の乾燥にもつながります。
ストレスや刺激物の取りすぎによって内に熱がこもりやすくなります。




アトピー皮膚炎は良くなったり、悪くなったりと波のある症状ですので、週1回の治療をオススメします。


鍼灸 アトピー 大阪
※個人の感想です。効果効能を100%保証するものではありません。


治療の流れ

STEP①

STEP①しっかりとお悩みや生活習慣をお聞きします
東洋医学ではこの問診が非常に重要になります。日常生活や食べ物の好き嫌いなどから判断していきます。

STEP③

STEP②検査
東洋医学独特の検査法であなたの体の本質的な部分や今の症状がどこの問題かを見分けていきます。
脈診(脈の状態をチェック)
舌診(舌の状態をチェック)
腹診(お腹の状態でチェック)
このほか皮膚の触った感じなどからも判断いたします。

STEP②

STEP③施術
問診、検査から仮説を立て(証だて)改善させるための施術をしていきます。
鍼は痛みはほとんどありません。
しっかりと説明しながら施術していきますので初めての方もご安心ください。

STEP4

STEP④再検査及び説明
施術の結果を検査して、今のお身体の状態、今後の方針などをわかりやすく丁寧にご説明いたします。
質問や不安な点は何でもご相談ください。


  • 女性スタッフが対応

当院では女性スタッフが常在しております。
また、鍼灸治療は個室完備されておりますので
ご相談がありましたら、お気軽にお声かけください。

施術費用について


自律神経,大阪,鍼灸


 

安心の返金保障(期間限定)

 

 

関連記事

新着情報

一覧を見る

2016/11/25

年末年始のお知らせです。 12月29日ー1月5日まで休診させていただきます。 年末年始は予約が取りにくくなっています。ご予約ご希望の方はお早めにお電話ください。

当院裏側の駐車スペースCもご利用いただけるようになりました。ABCの空いている場所をご利用ください。満車の場合はNTT基地局北側のコインパーキングをご利用ください。(サービス券をお渡しいたします)

  • RSS配信
  • RSSヘルプ